TC 14 始めて2年 私の変化

初めてトータルコンディショニングをしたのは、
2年前の6月だったと思います。名古屋呼吸DOJOで。

シャツと体の間に、高校のときの部活(バスケでした)か!というような汗が流れ、

帰りの階段を下りる足がガクガクして、一緒にTCをやった元高校球児(甲子園常連校)と足がヤバいねと話した覚えがあります。

キツい でも 筋トレとは全然違う。

頭 身体 呼吸 心 全部 いい感じに調整される
トータルコンディショニング。

2ヶ月後には、オンライン講座で講師としてお伝えし始めました。

毎月の講座に向けて練習の日々。
半年くらいは毎日していましたね。2回3回練習したこともあります。中途半端にできない性分で。

今はそんなにやっていませんが、いまだに飽きません。

ちょっとした身体の使い方や意識で、まだまだ深めることができる、長年やっているスキーと共通する面白さがあります。

身体、動き、呼吸、瞑想 以外にも、
ストレス(刺激)を流す、重だるい身体を引き上げるという作用も期待できる、いろんな側面を持つプログラムです。

やったことは、自分に現れます。

まず身体。
脚、お尻がしっかりとして、上半身の力みのない体に。

重心が安定ながらも中心は上がって、軽やかに動けます。
ひとつひとつの動作を止めて動くことができるように。

騒がしいところでも、自分に、身体に、意識を向けられます。場所を選ばず瞑想できます。

緊張があっても、いつもの自分で、同じ声で、インストラクションができるようにもなりました。

そうなると、普段も動じることがない、かも。
全くないわけではないけれど、自分比では9割減。

起こったことは、その事実を認める。そこにいい悪いのジャッジをしない。トーコンの中で毎回私が言っていることですね。これができれば、大体のことは対応できます。

いつのまにか、身体、心、頭が安定していました。

昨日、生徒さんの変化を聞いて、随分変わったなぁと感動したのですが、自分も変わっていました、かなり。2年で。

トーコン いいです。すごいです。
やっている人はこうなるよ、というひとつのサンプルとしての記録です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。